七福神商事 丸七赤龍 三代目

 丸七赤龍は改良し続け、2018年発売以来三代目としてリリースしました。低価格でありながらしっかりした素材、丁寧な加工、使用パーツを改良し続けて来ました。先代ではないライトニング対応、USB Type C対応プラグラインアップ追加により、より便利に使えるようになりました。

丸七赤龍全体仕様

 高純度無酸素銅8芯(基線7 x 7本で1束 x 8束は392本使用  )

<<<<<<<<<<<<< MMCX コネクター>>>>>>>>>>>>>>
□ 2.5mm プラグ MMCX 版(4極)
□ 3.5mm プラグ MMCX 版(3極)

□ 4.4mm プラグ MMCX 版(5極)
□ Lightning プラグ MMCX 版
□ USB TYPE C プラグ MMCX 版

<<<<<<<<<<<<< 2pin 0.78 コネクター>>>>>>>>>>>>>>

□ 2.5mm プラグ 2pin 0.78 版(4極)
□ 3.5mm プラグ 2pin 0.78 版(3極)
□ 4.4mm プラグ 2pin 0.78 版(5極)
□ Lightning プラグ 2pin 0.78
□ USB TYPE C プラグ 2pin 0.78

 

1、プラグの仕様

 2.5mm 4極版と3.5mm 3極版と4.4mm 5極版を同時に提案し、さらにlighteningとUSB Type C 端子もご提供可能。

 2.5mm 4極版と3.5mm 3極版と4.4mm 5極端子は金メッキを使用し、より長く使う、高い導電性を実現しました。lightening端子は純正ケーブル端子を使用しており、iOSの更新、バージョンアップにも対応しております。USB Type-Cは高い汎用性を持っており、多くのUSB Tyep C製品に対応しております。

2、コネクターの仕様

 先代に比べ、MMCXも2pinも提供し、A2DC/IM/IE系のコネクターもご提供ができるように準備をしており、A2DC/IM/IE系はご注文後の製品にはなりますが、個別に必要の方は弊社に直接お問い合わせ下さいませ。

 汎用性高いMMCX、2pin 接続端子は金メッキを使用し、精度が高い部品を使用しており、イヤホン製品に多く採用されており、高い互換性を保ちます。

 

 気になる、耳掛け部分は金属のワイヤを使用しておらず、形状記憶ができるように加工しており、ほどよい角度でイヤホンを装着して、耳から落ちないように設計しております。

 熱収束チューブを使用し、耳掛け部分のケーブルを内部に包み込む事は、汗などによるイヤホンケーブルの変色を緩和する意味もありますが、長く使っても色変わりしないように磨損が多い部分を強化し、色も統一しました。

 

3、ケーブル分岐部の仕様

 ここも注目ポイントです。

 デザインの統一性の為に、8本織本線を二本に分離する分離部も、プラグのデザインを取り込んで、丸七シリーズ統一仕様に更新しました。
 円筒型の強度は金属を使用する事で、解決しました。そして、円筒型の8本織側には、固定のネジを搭載し、内部には固定クッションを使って、ネジを閉めて、分岐固定が上下動かないようにしました。

 もちろん、線材を切らずそのまま中で分岐する事で、ケーブル全体の繋ぎ目をより少なくしました。

 赤龍三代目は先代からの柔らかさを大事に守りながら、0.08mm の基線をなんと392本を束ねて強度を強化しました。

 日常使用の中で気付いた、ケーブル自体の重さにも着目し、自然の重力によって、DAP/AMP連結端からイヤホンまでのラインの自然さ、美しさを提案します。

 パワフルに転送する信号、そして基線を大事に守る外皮のほどよい厚み、より長く使えるように工夫しました。

 

丸七赤龍三代目のケーブルスペック

ケーブルの長さ

1.25m

左右区分

黒リンクがある側が左側のイヤホンに装着し、赤リンクがある側が右側のイヤホンに装着。

使用材質

高純度無酸素銅8芯(基線7 x 7本で1束 x 8束は392本使用  )

耳掛け部分構造

金属ワイヤ不使用、形態記憶機能あり。

ケーブルスライダー

なし

リモコン機能、マイク機能

なし

動作保証

全ての商品で動作を保証するものではありません。一部イヤホン、DAP、AMPのプラグ、端子が特殊なものを使用している場合、弊社の商品が使用できない場合もございます。各社の仕様について、よく確認の上、ご検討のほど、よろしくお願い致します。

保証期間

一年間,途中仕様変更により一部変更がある場合、個別通知は行なっておりません。いくら良い製品でも、保管環境が悪ければ、その分寿命は減るもので、定期メンテナンス、高湿度、高温環境でご使用は商品の破損に繋がりますので、安全の為に悪列な環境にてご使用しないでください。

丸七赤龍三代目のケーブル接写