ブログ

Fearless audio S8Z(2020発売)

みなさま、お世話になります。七福神商事のTONYです。m ( _ _ ) m 今回はFearless audio S8Z(2020発売)について、ご紹介したいと思います。

S8Pro(クラシック系向け)/ S8 FREEDOM(流行曲向け)に続いて当社として少し遅れの2020年2月発売になりますが、初期より製造が落ち着く事と、詳細について調査するには少しお時間をかけてみました。そこに今回の新型コロナウイルスによって、いろいろが遅れているなとの背景がございました。
S8Zは 片耳 8ユニット構成です。S8系の延長線上にありながら、内部構造はACME系にある3D技術を応用し、低域部分は SONIONの 33/38系を採用する事によって、弾力のある印象と高いレスポンス速度を得られる事が出来ました。 中域部分はSONIONの23系を採用し潤いがある、華麗でありながらささらない自然な表現を実現し、高域はKnowles のSWFK 系を採用し高い細部表現力を実現しました。

Fearless audio をよく知っている方はおわかりなると思いますが、Y2K ( 10個のつまみで音チューニングができる機器)は超低域、中低域、中高域、超高域、空間感など10個の項目をお客様の好みでチューニングできるものとして、620億種の音を組み合わせる事ができるすごいものです。(当社在庫あり)
その組み合わせの情報を販売店から集取して、集計した情報から製作したモデルの中の一つがこのS8Zでした。

Fearless audio と言えば、欠かせないのは3Dプリンター技術を活用した ACME系列イヤホンです。高精度で作る内部音導管は他社が真似できない高い精度持つ特徴として、この高い精度を持つ部品は、S8Zの内部部品固定にも効果を出しております。一つ一つの部品の向き、位置、そして毎年多くの製造実績。いち早く3D技術を使う事によって、安定した外形、高品質の実績を持っており他社より早く作る事も一つの特徴でした。
当社としては Fearless audio と長期戦略パートナーとして、全てのパネルとハウジングの選択を一括で選び放題プライスを提案する事で、他社で複雑な値段設定から解放し、よりシンプルの提案を準備しました。メーカーより提供される付属ケーブルは2PIN(0.78)系として、多くのアップグレードケーブルを選択可能であり、高い互換性を持つ事も一つ便利なポイントです。

今回の場合、Fearless Audio S8Z 当社独自プランを準備しました。

型番 差異ポイント 定価
S8Z-U

ノーマル品

オレンジ色ノーマルデザイン。パネル 変更不可。基本ベースモデル(先頭の写真)
付属品:本体ケース、保管ケース、イヤホン本体、メーカー純正ケーブル
イヤピース12個(S4,M4,L4)
62,980円(税込)
S8Z-UJ
ノーマル
+
パネル選び放題
当社独自プラン、ユニバーサル形状、パネル選び放題付き。
付属品:本体ケース、保管ケース、イヤホン本体、メーカー純正ケーブル
      イヤピース12個(S4,M4,L4) + 丸七イヤピース 1セット12個
       丸七保管ケース1セット
68,980(税込)

S8Z-CP
ノーマル
+
パネル選び放題

カスタム形状
当社独自プラン、カスタム耳型対応、パネル選び放題付き。
付属品:本体ケース、保管ケース、イヤホン本体、メーカー純正ケーブル
      イヤピース12個(S4,M4,L4) + 丸七イヤピース 1セット12個
       丸七保管ケース1セット
75,980(税込)


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。