ブログ

Lightning(Apple) & TYPE-C(Android)関連品

2020年3月現在歴史にも残るほどのコロナニュースがいっぱい出ているので、外出を控える事が一番の対策と思います。
なぜなら、感染して症状がない事と今現時点では治療薬(緩和できる方法はあるらしい)がないのも大きなポイントです。

この話ばかりは、流石に気分が落ち込むので空いている時間を使って、オーディオ関連のいろいろ特集を作ろかと思いました。
表題通り、見回りに一番多いデバイスはスマホになっているこの時代、代表的にはLightning(Apple) & TYPE-C(Android)関連品製品が多いと思います。
このような製品向け、当社としては以下の製品ラインアップを提供しております。

機械生産品ではないので、手作業によって少し便利にしたい目的から作っているものが多いです。真面目な話ですが、規格がわるいいみではないですが、世の中に規格まみれになって、いろいろ不便です。デジタル機器をつなぐにも種類が多く、規格が違う製品も多いので正しく通信・データー交換ができるようにするのも…
こればかり申しますと、話がながくなりそうなので、以下の一覧を見て頂ければと思います。(綺麗になっていません。申し訳ございません。)

大きくは3種類です。
1、リケーブル
スマホなど電子デバイスに直接さして、超小型DAC内蔵タイプの端子(ライトニング・TYPEC)を直接イヤホンとつなぐ事で、一番便利な使用方法です。
その際、イヤホン本体はMMCX あるいは 2PIN等のジャック構造を持つイヤホンが前提です。

2、変換ケーブルと変換パーツ
上記の「イヤホン本体はMMCX あるいは 2PIN等のジャック構造を持つイヤホン」がなければ、この変換ケーブルを選ぶと便利です。
ある程度(12cm)の長さを持つもので、2.5mm/3.5mm/4.4mm のジャックを提供しておりますので、お手持ちのイヤホンに合わせて選ぶと、便利です。
2020年現在DDHIFIから TC35B が生まれて、わずか6gの重さで、さらに小さく纏めているので、かなりお勧めです。
一方、やっぱりケーブルが少し長さを持つのが良さそうと思う方は上記が良さそうです。

3、2番以外その他端子変換ケーブル
もし、Micro USB TYPE-B / USB TYPE-Bを使う、車載、据え置きオーディオ機器の場合はその為に提供する専用通信(Data)ケーブルを提案します。
この種は、特に問題が多いです。いろいろと認識しない、充電しないなど全ての原因は、内蔵のケーブル芯数が少ないあるいは某種の機器専用に製造して汎用性を失う原因と見ております。例えば aune BU1 等のデジタルアンプ系、あるいは据え置きの製品向けはやはり区別が付けない時オーディオ用として信頼性が高いものがお勧めです。

* 2020年3月時点の情報です。

——————————————————————-リケーブル系商品——————————————————————-
 

 

Lightning(ライトニング)Apple系 TYPE-C(タイプ-C)Android系
MMCX 2PIN 0.78 MMCX 2PIN 0.78
リケーブル Optimization Elements  (2Dual OFC cable 高純度無酸素銅使用)
赤龍3代  ( 4Dual OFC cable 8本織 高純度無酸素銅使用)
白龍1代  (4Dual OFC cable 8本織 高純度無酸素銅に銀メッキ使用)
——————————————————————-変換ケーブル系商品——————————————————————-
Lightning(ライトニング)Apple系 TYPE-C(タイプ-C)Android系
2.5mm 3.5mm 4.4mm 2.5mm 3.5mm 4.4mm
変換ケーブル 丸七 スマホ用変換ケーブル 純国内製国産ジャック使用 3代目
(2Dual OFC cable 4本織 高純度無酸素銅  + 2Dual OFC cable 4本織 高純度無酸素銅に銀メッキ を混ぜて使用)
変換パーツ DDHIFI TC35B
——————————————————————-変換Mciro USB系商品——————————————————————-
Lightning(ライトニング)Apple系 TYPE-C(タイプ-C)Android系
Micro USB B USB B Micro USB B USB B USB C
2番以外その他端子変換ケーブル 丸七 デジタル
通信ケーブル
Micro USB series
丸七 デジタル
通信ケーブル
M7-LT-TO-TB
丸七 デジタル
通信ケーブル
Micro USB series
丸七 デジタル
通信ケーブル
M7-LT-TO-TB
丸七 デジタル
通信ケーブル
M7-USBPD

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。